講座・教員紹介

  • #1 市民の満足

    生活者の満足度を上げる・下げる政策について学ぶ

    講師 - 東国原英夫(元宮崎県知事) - 1957年生まれ。2007年、第52代宮崎県知事に就任。2012年、第46回衆議院議員総選挙近畿比例区で当選。宮崎県知事時代は独自の感性を生かし宮崎県を改革。ふるさと納税・道路問題会議等に地方代表として選ばれ、地方から声を発信する改革派知事として地方行政をリードした。現在は各メディア、講演会などに出演し、地方分権のあり方、若者の政治参加について訴えている。

  • #2 都市デザインの考察

    機能性と有機性を考えた魅力ある都市について学ぶ

    講師 - 遠藤新(工学院大学建築学部まちづくり学科教授) - 1973年生まれ。1995年、東京大学工学部都市工学科卒業。1997年、東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程。東京大学大学院助手、工学院大学准教授などを経て、2016年より現職。各都市でまちづくりに関する70以上の専門委員や、日本建築学会などの学術委員を数多く務める。主な研究テーマは都市のデザインマネジメント手法、地方都市まちづくりなど。

  • #3 元気な地域と、衰退していく地域

    これからの時代の地方自治と地域活性化のあり方

    講師 - 相川俊英 (地方自治ジャーナリスト) - 1956年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、放送記者、フリージャーナリストを経て、1997年から「週刊ダイヤモンド」委嘱記者。1999年からテレビ朝日系「サンデープロジェクト」の番組ブレーンを務め、自治体関連の企画・取材・レポートを担当。著書に『反骨の市町村』(講談社)、『奇跡の村 地方は「人」で再生する』(集英社新書)、『地方議会を再生する』(集英社新書)など。

受講生募集中 - 募集締め切り8月6日

申し込む